家族がなくなったときに葬儀屋さんは自社で葬儀をするものなの?

葬儀屋、はじめました。⑦

身内のお葬式

 

f:id:waniwanio:20170829154256j:plain

 

いろいろ転職し、御遺体搬送のドライバーから葬儀社を始めたミズノさん。お弔いの仕事に従事するひとが、日頃どんなことを考え悩んだりしているのか…。

 

語る人=水野昭仁(さくらセレモニー代表)
インタビュー・文=朝山実
写真撮影©山本倫子yamamoto noriko
ふろくマンガ©KUM

 

「やっぱり嫌ですよね」

 葬儀屋のミズノさんがめずらしく沈んだ声になったのは、相次いで社員の葬儀と義父の葬儀を、自社の会館で行ったときのことをたずねたからだった。

「ほかの会社に(葬儀を)頼むというひとも、中にはいてるかもしれないですけど、やっぱりジブンがそういう仕事をしているんだから…」

 社員のAさんは入社1年未満だったが、仕事熱心でミズノさんにとっての期待の星だった。突然死だった。兆候がなかったわけではない。文字を書いていたら乱れるというので、「明日は休みだから病院に行ってみてもらえよ」と言った直後だった。まだ40代、ミズノさんと同年齢。早くに気づいていたらという後悔。自身が率先して取り仕切った社葬にしても、十分に尽くせたのかという思いがある。

「あとになってね、ひとに任せるのもありかなぁと思いました。それは、送る相手がジブンにちかいと、適切な判断ができていないことも。それじゃ、プロとしてあかんのですけどね。
 ああ、こうしてあげたらよかったのにというようなことが出てくるんですよね。たとえば、お酒が好きやったから、いつも飲んでいたお酒をね、棺の中に入れてあげたらよかったなぁと。思い出したのは? 式の最中です。思い出すんですよ。うわっ!! あれ用意するのを忘れているわ。何やっているやろうって。
 ふだんの仕事では、そういうところに気をきかして『故人さんの好きだったものは?』と聞いたりしているのに、なんで?と思う。
 たぶん、お参りに来られた人と挨拶とかしていると、気が回らない。気持ちが落ち着かないんですよね。尚且つ、ダンドリせなあかん。あれこれやってると、もう肝心のことが、すっとんでしまう。さっきまで、お酒を買いに行かなあかん、とか思っていてもね。もうスコンと抜けている。
 仕事で葬儀をしているときは、もちろん来られた人から『今回はたいへんでしたねぇ』とか声をかけられることもないしね、業務に徹することができる。今回やってみて、ひとに任せてしまうほうがいいんだろなとは思いましたね」

 社員のAさんが急死してから三ヶ月後、さらに義父の葬儀を体験した。

──葬儀でミズノさんは泣いたりされる?

「ボクね、トシのせいか。涙腺が弱くなってきて。四十過ぎてから、あきませんねん。
 社員のときは、ボロボロでした。ちょうどアサヤマさんが所要でこっちに来られていた日がAの通夜の準備をしていたときで、たぶん、ボクの様子はふだんとそんなに変わりない。そう見えたと思うんですよぉ。まあ、ちょっと寝てなくて気が張っていたというのもあったんですけど。
 でも、通夜も告別式も泣いてました。来られた人に挨拶も、でけへん感じでしたね。ダメダメでした。
 社員のときは、郷里からお父さんが出てこられたんで、喪主の挨拶はお父さんがされ、だからボクが話したりするような場面はなかったですけど。義父のときも、嫁が喪主で、そっちも挨拶はせんでよかった。だけど、ボクの両親は健在ですけど、ジブンはそういうときになったら挨拶なんか、でけんへんわと思いましたね」

──社員にぜんぶ任せるというのは?

「義父のときは、Kという社員に任せたんです。そのぶん楽やったんですけど。それでも間際になって『あっ、スポーツ新聞、棺に入れたらよかったわぁ』。病室でも好きでよう読んでたなぁ。何で早くに思いつかんのか。
 ひとによったらね、『おかあさんが好きやかったら、さだまさしのこの歌を出棺のときにかけてくださいね』と言われ、ボクらも手分けして音源を捜してかけたりする。仕事でいつもやっていることが、なんでジブンのときに思いつかんのかなぁって」

──傍目には冷静に見えても、当事者の内心はそうではない。葬儀屋さんが必要とされる理由は、その辺にありそうな気はしますね。

「ああ、そうそう。そう思いました!! 葬儀屋って必要なんやと思いました。
 この仕事をしていたら、ご家族の方から『ありがとう』と言ってもらえることが多いんですよ。そうか、そういう気持ちになるわぁ、と思いましたね。
 義父は徳島に住んでいて、むこうの病院からこちらの会館までクルマで迎えに行って運んだんです。そのときは、嫁も休みがとれたんで、一緒に見舞いに行こうかと言うてクルマで向かっているときに、『呼吸があやしくなってきた』と電話がかかってきて、病院に着いたときには息をひきとっていたんです。
 それから寝台車をとりにとって返して、会社で寝台車に乗り換えて、社員をひとり乗せて病院に向かったんです。なんだかんだで800キロは走りました。そうです。あのときは二往復です」

──ご遺体搬送車の運転は交替で?

「いえ、運転したのはボクです。なんで? それはなんとなくそうしたかったというか。もう、できるのはそれぐらいかなと。
 なんしかね(とにかく意味)、去年の8月に(結婚の)挨拶に行って、10月に肺がんとわかって、こっちの病院に入院して退院したりというのがあって。お義父さんが『徳島に帰りたい』と言うんで送っていったりしてたんです。長い付き合いをしたわけではないので、オレのことをどう思っていたのかはわからへんけど。もっと早くに挨拶に行っとけばよかったなぁという後悔というか。だから、誰にも運転はさせたくなかったというのはあったんですよ」

──身内の葬儀を体験してみて、お葬式に対する考え方に変化はありますか?

「ありますね。やっぱり、おうちの方から『ありがとう』と言ってもらう、あの言葉の重みですよね。これまでは、そんなにも深くはとらえてなかったんです。言われ慣れしてしまったということもあって。でも、わかったんです。悲しい気持ちにあるときにお家のひとに『ありがとう』と言うてもらえるのは、おっきいなと思いました。
 それがひとつと、アフターフォローみたいなことも必要やなぁと思いました。やっぱり、一杯わからへんことがあるでしょう。手続き的なこととかね。そういうサポートができたらいいなと思いました。たとえば名義変更のことひとつにしても、めちゃ大変でしょう。
 あと、業務的なことでいうと、スタッフがあんまり前に出すぎるのもどうか。でも、お客さんがいつでも声をかけられるようなところにいてないといけない。わかります?」

──気のきく居酒屋の店員みたいなものかなぁ。

「ああ、そうやね(笑)。微妙なんですよね。あれこれ声をかけられると、『もう、そっとしておいてくれよ』という気になるし。だから始終いてほしくはない。でも、すぐに頼めるところにはいてほしい。そういった意味では繊細な仕事やなぁとあらためて思いましたね」

──友人が家族葬をミズノさんのところにお願いしたときに、ワタシの発案で通夜から告別式までの家族写真を撮ってもらったことがありましたよね。最初はなんで写真?というふうに友人の家族は思ったらしいけど、田舎では昔はよく集合写真を撮っていたんですよね。結婚式とかと同じように。そうでもなければ、写真を撮る機会が少ないということもあったんでしょうけど。結果的に、撮影してくれたスタッフさんとの相性もよくて、「お通夜のときにいろいろ話を聞いてもらえ、写真を撮られながらも故人の思い出を話すことができてよかった」というのを後日聞きました。身内だけでしめやかにというのもいいんでしょうけど、誰かに故人の思い出を話しながら、弔いながらも笑ったりして過ごしたいというのもあるでしょうしね。

「たしかに、葬儀というのは、大事なひとがなくなったときにするものですからね。そこをなんでもビジネスで対応すると、あかんなぁと思いますね」

──でも、仕事なんだからビジネスライクにするのも必要ですよね。

「だから、やっぱりボクはこのお葬式という仕事はね、金持ちがするのがいちばんいいと思うんですよ」

──どういうことですか?

「要は社会貢献の気持ちでね、スタッフもそういう気配りのできる人を雇う。ボランティアとは言わないまでも、『オレはこういうのをしたいからやっているんやでぇ』。そういう余裕のある人がやったらいいと思うんですよ。
 ボクらはお金をいだいて、それでメシを食うているわけですよね。お金がない人が『もうこれだけしかないんです』と頼んでこられたら、もう断れないでしょう。ついアカが出ても、(求められている以上に)してしまう。金持ちじゃないのに。そんなことが続いたら、オレ何やってんのやろうとはなります。フフ。もう日々、葛藤です」

 四十九日を経て、ミズノさんは亡くなった社員Aさんの墓参に社員数名とともに行ったという。

 

f:id:waniwanio:20170829153625p:plain

「カソウシキ」って何?

 葬儀屋、はじめました。⑥

お葬式のコンパクト化とネーミングの変遷

 

f:id:waniwanio:20170731134839j:plain

☝到着した仕出しのお弁当を確認中


語る人=水野昭仁(さくらセレモニー代表)
インタビュー・文=朝山実
写真撮影©山本倫子yamamoto noriko
ふろくマンガ©KUM



 終わってみたら、お葬式が思いがけず高額だった。何百万も払った。そんな話は昔のことになりつつあるようだ。

 旧世代のワタシには、いまでもお葬式をするための会館の下見をしたり、葬儀屋さんと事前相談をしたりするなんてことは気が引けるが、いまは合理的というか、引越しを頼むときみたいに数社から見積もりをだしてもらって比較検討するお客さんもめずらしくないらしい。

 葬儀の規模の縮小と、「会計の明朗化・低価格化」の流れが背景にはある。同時に「団塊の世代」の葬儀を見込んで、近年は異業種からの新規参入が増えているという。「もうお葬式なんていらない」と煽るメディアもあり、お葬式業界はいま荒波のまっただ中にある。
 今回は、葬儀屋のミズノさんに、最近増えてきた「家族葬」「直葬」「一日葬」。経験したことのないひとには耳慣れない葬儀の名称、コース分類?についてたずねてみた。


「昔は金額帯でいうと、だいたい150から200(万円)くらいの規模の葬儀が一般的とされていて、そのうちの半分くらいを(会社の利益として)残さないかんかったんですよ」

──半分というのは、売り上げの半分ということですか?

「そうです。受けた(仕事の)金額の半分を残すのが(業界の)セオリーというか。人件費などを引いた粗利ですよね。でも、ウチの少人数で行う『家族葬』でいうと、たとえば50万円のお葬式だと20万も残らへん。経営の面からいうと、ちょっと使いすぎているんですよ、経費をね」

──その粗利が半分ないとやっていけない事情をもうすこし説明してもらえますか?

「結局、待ちの仕事でしょう。いつ仕事が入るかわからない。水もんやからね。こう言うたらなんやけど、スナックと変わらない。数ある雑居ビルの中の一軒のスナックにお客さんが来る、確率でいうたら一緒というか」

──お客さんがひとりも来ない日もある飲食店みたいなこと?

「そうです、そうです。それに仕事の性格上、営業なんかかけられないですからね。それなのに、いまは(業者間の価格競争で)むちゃくちゃなことになっていて、一件30万とか50万とかで、会社として、これでどうやって良いサービスを提供していったらいいか…」

──それは、インターネットで葬儀を斡旋するサイト会社のようなところが、価格を抑えたパック料金で業績をあげているのと関係していますか?

「ちょうど、ボクらがご遺体搬送会社を始めようとしたときが境目やったような気はしますね。葬儀の価格が急激に下がりはじめたんですよ。それまでは、まだまだ金額が出ていたんです。独立しようかと考えていたときに、『家族葬』というのがチラホラ言われ始めたんです」


──ワタシも、父親の葬儀をするときにタウンページで葬儀屋さんを探していて「家族葬って何?」と思いながら、式の参加者は10人未満ということで、まず名の通った大手をはずして、小さな規模の葬儀を専門にしている中から選んだんですよね。

「いまは定着してきていますが、その『家族葬』という呼び名、じつは葬儀屋さんが作ったんですよ」

──新しい用語ということですか?

「そうです、そうです。たとえば、喪主さんに『どのくらい来られますか?』ときくとするでしょう。『うちは親族含めて10人くらいやから』と言われ、だからなるべく金額を抑えたものにしたい。『それでしたら、一般の人はシャットアウトして行なう"家族葬"にしませんか。これだと50万で出来ます。もうすこし祭壇を豪華にしたいということでしたら、あと20万足してもらったら、お花を豪華に出来ます』というふうな説明をしていたのが始まりだったんですよ。
 というのもね、一般のお客さんは、人数が少なかったら、それだけ金額も安くすむんじゃないかと思われているんでしょうね。『うちは人数少ないし、この50万円でも高いと思うんやけど』と言われることがよくあるんです」

──なんか、ワタシ言いそうだな。

「だいたい、みなさんそうです(笑)」


 お葬式は参列者の人数がすくなければ、格段に安くなるというものではないらしい。式場を借りる使用料金、棺、祭壇、ドライアイスに飾り物、遺影写真、霊柩車の料金、火葬場の費用などは参列者の規模によって増減するわけではない。そして、お坊さんへのお布施や戒名代は葬儀社の会計とは別である。

 参加者の数を考え金額を抑えるとしたら、参列者への返礼品。通夜などの料理にしぼられるという。

「『家族葬』という言い方が浸透していったのは、お客さんの側の心理として、ひとから聞かれたときに、安いからこれにしたというよりは『説明を聞いて、家族葬がいいと思ったから』と言うほうが聞こえがいいでしょう。
 ただ、実際は昔でいう『密葬』と変わらない。言葉だけが変わっただけで、まったく中身は一緒です」

──あ、そうなんですか。「密葬」というのは、親族や近しい関係以外には告知せず、内々でひっそりと葬儀をするということですよね。

「そうです」

──でも、実質的な中身が一緒なのに、どうして「密葬」をわざわざ「家族葬」という言葉に置き換えるようになったんですか?

「それは、やっぱり聞こえが悪いから。お客さんの目線で考えてくださいね。たとえば、『密葬30万円』と書いてあるのと『家族葬30万円』というのと、どっちを選びます?」

──同じ商品なんだけど、包装紙やネーミングの違いで購買心理も変わるということか。

「そうです、そうです。だから、こちらは家族葬だということで受けたのに、近所のオバチャンがいっぱいやって来られる困るんですよ。そうなると、もう家族葬じゃなくなりますからね」

──来られた人への、お葬式の返礼品とか用意してないのにどうしょう?と現場があわててしまうということですか。

「そうです、そうです。じつはお葬式で、どこにお金がかかるのかというと、来られた人に渡す粗供養(500円程度の返礼品)であったり、料理(もてなしの飲食)であったりするですよね。
 ホンマに家族だけのことなら、お膳の仕出しの料理はいらんでしょう。『ちょっと、みんなでどこか近くのうどん屋に行こうか』でもいいんですよ。葬儀の設営にかかる人件費や祭壇などの飾り、霊柩車の料金などはほぼ固定で、お客さんが安くしようとしたら料理などの部分なんですよね」


──そうかぁ。ご飯代がかさばるのね。業界はちがうけど、映画とかを撮るのにどこにお金が出ていくかというと、メシと移動。エキストラは現地調達の全員ボランティアにしても、百人集めたらお弁当が500円で一食でも5万円になる。

「そういうことですね。それで、いまはそこにカソウシキというのが出てきているんですよ。これも前は『直葬』と言うてたんですけどね」

──カソウシキというのは、どういう字を書くんですか?

「火葬場の火葬に、葬式です」

──ああ「火葬式」ね。

「それもね、ちょっと前までは『直葬』と言うてたんですが、『火葬式』と言うた方が聞こえがいいからなんでしょうね。もう直葬とは言わなくなっています」

──もともとの「直葬」も一般には馴染みのないものですけど。病院などから火葬場に直接ご遺体を運んで、通夜とかをしないので、チョクソウといっていたんですか?

「あれも、なんでそういう名前になったんでしょうね。要は、通夜とかの告別式とかの儀式的なことは省いて、火葬場で火葬するという意味合いなんやと思います」

──家族葬にしても火葬式にしても、そういう呼称じたいは葬儀屋さんが作った言葉なんですか?

「そうそう。大手がね」

──外に向けてアナウンスしたら、定着していったということですか?

「そのとおりです。ですから、最初『家族葬』と聞いたときに、なんのこと?と思う人が多かったんです。それが『こんなふうなので、こういう料金で出来るんやで』というふうに人づてに浸透していき、一般の人も知っている言葉になったんでしょうね」

──家族葬という言葉が使われるようになったのは、この数年ぐらいのことですか?

「どれぐらいかなぁ。言われてから10年にはなるかなぁ」

──それまでは密葬だったんですよね。でも、たしかにミッソウと耳にすると、なにやら暗いイメージがしますものね。それで「火葬式」という呼称はいつ頃から?

「ここ三、四年ぐらいちゃうかなぁ」

──ミズノさんのところも「火葬式」と明記しているんですか?

「うちもパンフレットにもそう書いています。あと『一日葬』というのも昔はなかったですからね」

──整理しておくと、「一日葬」と「火葬式」とは異なるんですか?

「別です。まず、通常の仏式なら欠かせない通夜をしないで、告別式だけをするのが『一日葬』です」

──「一日葬」も、言葉としては定着しているんですか?

「もう定着してきていますね」

 最近のお葬式の呼称についてまとめると、こうなる。
家族葬
 参列者の数を限定し、従来のお葬式の規模を小さくしたお葬式。「家族」という呼称から誤解されることもあるが、家族や親族以外の親しい人を招いてはいけない決まりがあるわけではない。便宜上、人数を限定するために「家族」としている。

「火葬式」
すこし前までは直葬といわれていた。通夜、告別式を行わず、火葬場の炉前で簡単なやりとりで火葬にふす。場合によっては僧侶が立会うこともある。

「一日葬」
形式は家族葬ながら、違いは前日の通夜を行わなず、告別式の当日だけですます。最近増えつつある形式で、簡略化ということでは「家族葬」と「直葬」との中間に位置する。但し、お寺さんの見解では、通夜を欠くのは正しい仏式の葬儀と認められおらず、お寺の墓地に「家のお墓」を有している場合には、納骨を断られる可能性もある。

 ここに「一般葬」といい、友人知人にも来てもらう従来の葬儀が加わる。ディナーのコース料理を見比べている感覚がしてくるが、ミズノさんによると、「一日葬でお願いします」と言って来られるお客さんでも、それぞれの意味するところの違いを承知していないことが多いという。「料金を抑えたい」喪主さんに、通夜を省いた場合に起きかねない事態を細かく説明するのが大変ということもあるらしい。

 さらに、内々でお葬式を終えた後、故人の知人や近隣の人たちのお参りが絶えず、対応に追われ、後日「お別れ会」などを催さざるを得ないということも出てくる。故人が多くのひとに大事に思われていたがゆえではあるが「その後の多忙」を考慮すると、一概に「家族葬だから安い」とは限らないようだ。

 

👇新連載のおまけマンガ

f:id:waniwanio:20170801103552p:plain