「カソウシキ」って何?

 葬儀屋、はじめました。⑥

お葬式のコンパクト化とネーミングの変遷

 

f:id:waniwanio:20170731134839j:plain

☝到着した仕出しのお弁当を確認中


語る人=水野昭仁(さくらセレモニー代表)
インタビュー・文=朝山実
写真撮影©山本倫子yamamoto noriko
ふろくマンガ©KUM



 終わってみたら、お葬式が思いがけず高額だった。何百万も払った。そんな話は昔のことになりつつあるようだ。

 旧世代のワタシには、いまでもお葬式をするための会館の下見をしたり、葬儀屋さんと事前相談をしたりするなんてことは気が引けるが、いまは合理的というか、引越しを頼むときみたいに数社から見積もりをだしてもらって比較検討するお客さんもめずらしくないらしい。

 葬儀の規模の縮小と、「会計の明朗化・低価格化」の流れが背景にはある。同時に「団塊の世代」の葬儀を見込んで、近年は異業種からの新規参入が増えているという。「もうお葬式なんていらない」と煽るメディアもあり、お葬式業界はいま荒波のまっただ中にある。
 今回は、葬儀屋のミズノさんに、最近増えてきた「家族葬」「直葬」「一日葬」。経験したことのないひとには耳慣れない葬儀の名称、コース分類?についてたずねてみた。


「昔は金額帯でいうと、だいたい150から200(万円)くらいの規模の葬儀が一般的とされていて、そのうちの半分くらいを(会社の利益として)残さないかんかったんですよ」

──半分というのは、売り上げの半分ということですか?

「そうです。受けた(仕事の)金額の半分を残すのが(業界の)セオリーというか。人件費などを引いた粗利ですよね。でも、ウチの少人数で行う『家族葬』でいうと、たとえば50万円のお葬式だと20万も残らへん。経営の面からいうと、ちょっと使いすぎているんですよ、経費をね」

──その粗利が半分ないとやっていけない事情をもうすこし説明してもらえますか?

「結局、待ちの仕事でしょう。いつ仕事が入るかわからない。水もんやからね。こう言うたらなんやけど、スナックと変わらない。数ある雑居ビルの中の一軒のスナックにお客さんが来る、確率でいうたら一緒というか」

──お客さんがひとりも来ない日もある飲食店みたいなこと?

「そうです、そうです。それに仕事の性格上、営業なんかかけられないですからね。それなのに、いまは(業者間の価格競争で)むちゃくちゃなことになっていて、一件30万とか50万とかで、会社として、これでどうやって良いサービスを提供していったらいいか…」

──それは、インターネットで葬儀を斡旋するサイト会社のようなところが、価格を抑えたパック料金で業績をあげているのと関係していますか?

「ちょうど、ボクらがご遺体搬送会社を始めようとしたときが境目やったような気はしますね。葬儀の価格が急激に下がりはじめたんですよ。それまでは、まだまだ金額が出ていたんです。独立しようかと考えていたときに、『家族葬』というのがチラホラ言われ始めたんです」


──ワタシも、父親の葬儀をするときにタウンページで葬儀屋さんを探していて「家族葬って何?」と思いながら、式の参加者は10人未満ということで、まず名の通った大手をはずして、小さな規模の葬儀を専門にしている中から選んだんですよね。

「いまは定着してきていますが、その『家族葬』という呼び名、じつは葬儀屋さんが作ったんですよ」

──新しい用語ということですか?

「そうです、そうです。たとえば、喪主さんに『どのくらい来られますか?』ときくとするでしょう。『うちは親族含めて10人くらいやから』と言われ、だからなるべく金額を抑えたものにしたい。『それでしたら、一般の人はシャットアウトして行なう"家族葬"にしませんか。これだと50万で出来ます。もうすこし祭壇を豪華にしたいということでしたら、あと20万足してもらったら、お花を豪華に出来ます』というふうな説明をしていたのが始まりだったんですよ。
 というのもね、一般のお客さんは、人数が少なかったら、それだけ金額も安くすむんじゃないかと思われているんでしょうね。『うちは人数少ないし、この50万円でも高いと思うんやけど』と言われることがよくあるんです」

──なんか、ワタシ言いそうだな。

「だいたい、みなさんそうです(笑)」


 お葬式は参列者の人数がすくなければ、格段に安くなるというものではないらしい。式場を借りる使用料金、棺、祭壇、ドライアイスに飾り物、遺影写真、霊柩車の料金、火葬場の費用などは参列者の規模によって増減するわけではない。そして、お坊さんへのお布施や戒名代は葬儀社の会計とは別である。

 参加者の数を考え金額を抑えるとしたら、参列者への返礼品。通夜などの料理にしぼられるという。

「『家族葬』という言い方が浸透していったのは、お客さんの側の心理として、ひとから聞かれたときに、安いからこれにしたというよりは『説明を聞いて、家族葬がいいと思ったから』と言うほうが聞こえがいいでしょう。
 ただ、実際は昔でいう『密葬』と変わらない。言葉だけが変わっただけで、まったく中身は一緒です」

──あ、そうなんですか。「密葬」というのは、親族や近しい関係以外には告知せず、内々でひっそりと葬儀をするということですよね。

「そうです」

──でも、実質的な中身が一緒なのに、どうして「密葬」をわざわざ「家族葬」という言葉に置き換えるようになったんですか?

「それは、やっぱり聞こえが悪いから。お客さんの目線で考えてくださいね。たとえば、『密葬30万円』と書いてあるのと『家族葬30万円』というのと、どっちを選びます?」

──同じ商品なんだけど、包装紙やネーミングの違いで購買心理も変わるということか。

「そうです、そうです。だから、こちらは家族葬だということで受けたのに、近所のオバチャンがいっぱいやって来られる困るんですよ。そうなると、もう家族葬じゃなくなりますからね」

──来られた人への、お葬式の返礼品とか用意してないのにどうしょう?と現場があわててしまうということですか。

「そうです、そうです。じつはお葬式で、どこにお金がかかるのかというと、来られた人に渡す粗供養(500円程度の返礼品)であったり、料理(もてなしの飲食)であったりするですよね。
 ホンマに家族だけのことなら、お膳の仕出しの料理はいらんでしょう。『ちょっと、みんなでどこか近くのうどん屋に行こうか』でもいいんですよ。葬儀の設営にかかる人件費や祭壇などの飾り、霊柩車の料金などはほぼ固定で、お客さんが安くしようとしたら料理などの部分なんですよね」


──そうかぁ。ご飯代がかさばるのね。業界はちがうけど、映画とかを撮るのにどこにお金が出ていくかというと、メシと移動。エキストラは現地調達の全員ボランティアにしても、百人集めたらお弁当が500円で一食でも5万円になる。

「そういうことですね。それで、いまはそこにカソウシキというのが出てきているんですよ。これも前は『直葬』と言うてたんですけどね」

──カソウシキというのは、どういう字を書くんですか?

「火葬場の火葬に、葬式です」

──ああ「火葬式」ね。

「それもね、ちょっと前までは『直葬』と言うてたんですが、『火葬式』と言うた方が聞こえがいいからなんでしょうね。もう直葬とは言わなくなっています」

──もともとの「直葬」も一般には馴染みのないものですけど。病院などから火葬場に直接ご遺体を運んで、通夜とかをしないので、チョクソウといっていたんですか?

「あれも、なんでそういう名前になったんでしょうね。要は、通夜とかの告別式とかの儀式的なことは省いて、火葬場で火葬するという意味合いなんやと思います」

──家族葬にしても火葬式にしても、そういう呼称じたいは葬儀屋さんが作った言葉なんですか?

「そうそう。大手がね」

──外に向けてアナウンスしたら、定着していったということですか?

「そのとおりです。ですから、最初『家族葬』と聞いたときに、なんのこと?と思う人が多かったんです。それが『こんなふうなので、こういう料金で出来るんやで』というふうに人づてに浸透していき、一般の人も知っている言葉になったんでしょうね」

──家族葬という言葉が使われるようになったのは、この数年ぐらいのことですか?

「どれぐらいかなぁ。言われてから10年にはなるかなぁ」

──それまでは密葬だったんですよね。でも、たしかにミッソウと耳にすると、なにやら暗いイメージがしますものね。それで「火葬式」という呼称はいつ頃から?

「ここ三、四年ぐらいちゃうかなぁ」

──ミズノさんのところも「火葬式」と明記しているんですか?

「うちもパンフレットにもそう書いています。あと『一日葬』というのも昔はなかったですからね」

──整理しておくと、「一日葬」と「火葬式」とは異なるんですか?

「別です。まず、通常の仏式なら欠かせない通夜をしないで、告別式だけをするのが『一日葬』です」

──「一日葬」も、言葉としては定着しているんですか?

「もう定着してきていますね」

 最近のお葬式の呼称についてまとめると、こうなる。
家族葬
 参列者の数を限定し、従来のお葬式の規模を小さくしたお葬式。「家族」という呼称から誤解されることもあるが、家族や親族以外の親しい人を招いてはいけない決まりがあるわけではない。便宜上、人数を限定するために「家族」としている。

「火葬式」
すこし前までは直葬といわれていた。通夜、告別式を行わず、火葬場の炉前で簡単なやりとりで火葬にふす。場合によっては僧侶が立会うこともある。

「一日葬」
形式は家族葬ながら、違いは前日の通夜を行わなず、告別式の当日だけですます。最近増えつつある形式で、簡略化ということでは「家族葬」と「直葬」との中間に位置する。但し、お寺さんの見解では、通夜を欠くのは正しい仏式の葬儀と認められおらず、お寺の墓地に「家のお墓」を有している場合には、納骨を断られる可能性もある。

 ここに「一般葬」といい、友人知人にも来てもらう従来の葬儀が加わる。ディナーのコース料理を見比べている感覚がしてくるが、ミズノさんによると、「一日葬でお願いします」と言って来られるお客さんでも、それぞれの意味するところの違いを承知していないことが多いという。「料金を抑えたい」喪主さんに、通夜を省いた場合に起きかねない事態を細かく説明するのが大変ということもあるらしい。

 さらに、内々でお葬式を終えた後、故人の知人や近隣の人たちのお参りが絶えず、対応に追われ、後日「お別れ会」などを催さざるを得ないということも出てくる。故人が多くのひとに大事に思われていたがゆえではあるが「その後の多忙」を考慮すると、一概に「家族葬だから安い」とは限らないようだ。

 

👇新連載のおまけマンガ

f:id:waniwanio:20170801103552p:plain

 

パチンコ行くにも気がねする仕事やからね。

 葬儀屋、はじめました。⑤

葬儀屋だったジイチャンのこと

 

f:id:waniwanio:20170722115907j:plain


語る人=水野昭仁(さくらセレモニー代表)
インタビュー・文=朝山実
写真撮影©山本倫子yamamoto noriko
ふろくマンガ©KUM

前回を読む☞旅館選びと似ている、お葬式事情? - 葬儀屋、はじめました。



「ジイちゃんは、下半身不随の障害があって、ボクが物心ついた頃には車椅子生活になっていたんです。でも、ボクがまだ1歳くらいのときの写真にはふつうに立って写っていたから、2歳とか3歳のときにそうなったんちゃうかなぁと思うんです。詳しくは聞いてないんですが、病気だったと思います。
 クルマを運転するのもね、障害者用に改造したのに乗っていました。足でブレーキとか踏めないから、手動式の。それでも、警察から『無事故無違反』の賞状をもらったりしていましたよ。70歳くらいまで乗っていたんじゃなかったかな」

 ミズノさんの母方のお祖父さんは葬儀屋を営んでいたそうだ。「うちの仕事を継がへんか?」と聞かれたのは、彼が二十歳になるかならないかの頃だったという。ちなみに冒頭のスナップ写真は、ミズノさんが営む葬儀会館を見学した際のもの。白木の祭壇の飾りについて記者が質問すると、指をさして説明。ふだん祭壇を扱う仕事では白い手袋を着用されています。

「当時も、24時間365日休みなしの仕事でしょう。嫌や言うたんです。
 それまでにもね、仕事は目にしていました。たまに手伝いに行ったりはしていたんですよ。昔の町の葬儀社は社長ひとりでやっているところが多くて、葬儀が入ると献茶さん(参列者にお茶をだすなどの手伝いをするスタッフ)だとか、そのつど各部門の人を集めていたんです。当時は、仕事のあるときに来てもらう人たちのことを『あんこさん』と呼んでましたね。

 どういう字? ……ボクもよう知らんのですけど、いまの派遣会社の葬儀部門みたいなのがあって、お葬式があると来てもらう。そういう手伝いの人に(ジイちゃんが)仕事の指示をしたり、葬儀の司会とかしたりするのを目にしていました。
 いまだと葬儀の『司会』は女性がすることが多いんですが、昔は男のひとがやっていたんですよ。
 葬儀の仕事はジイちゃんもバアちゃんとでやっていましたね。あとは、外注で頼んで。そうそう、ジイちゃんは母方の爺ちゃんなんです。ふたりとも出身が山形で、郷里の名前を屋号につけてやっていましたね」

──お祖父さんはずっと葬儀屋さんだったんですか?

「いや、違います。もともとは何やっとったんかなぁ。兵隊に行って帰ってきて、タクシー乗ったり、トラック乗ったりしていたんですよね。それで、知り合いから『ええ商売あんでぇ』『なんや?』って紹介してもらい、大阪の大きな葬儀社で修行して、そこから独立したんやと思うんです」

──ということは、葬儀の仕事を始められたのは戦後になってから?

「そうです、そうです。うちのオカンが『学校で、葬儀屋の娘やと言うては、ようイジメられた』というてました。すごい嫌やったって。なんやこうやって話しているといろいろ思い出してきますね」

──お爺さんは大正生まれですか? それだとウチの父と同じくらいの世代なのかなぁ。

「そんなもんやと思います。もう亡くなっていますけど」

──それで、葬儀屋を継がないかという話になったのは何がきっかけで?

「ジイちゃんの子供が、女・男・女で、長女がうちのオカンになるんやけど。長男はクルマの塗装板金の仕事に就いて、(葬儀の)仕事は継がんかった。それで、うちの親父に声がかかったんです。『どうしょう……』言いながら結局、親父も継がずに、左官屋から建築会社に働きにいったんです。当時は景気もよかったからなんでしょうね。
 ジイちゃんとしたら、葬儀の道具も揃っていたし、地域で名前も通っていたから『もったいない。誰かいてへんかぁ』とボクに声がかかったんですよ。『食いっぱぐれはないでぇ』って(笑)」

──でも、そのときはミズノさんも断ったんですね。

「まあ、いまでこそね、ええ仕事やなぁと思うんですけど。やってみないとこの仕事のよさって、わからへんからね。正直、その頃はボク自身、アカンやつやったしね。ククッ(笑)。断って職人のほうにいったんですよ」

 ミズノさんのお祖父さんは身内に継いでもらうのは断念。仕事でつながりのあった花屋さんに、道具など一切合財を譲り渡して、隠居したそうだ。

──道具というのは、祭壇とかですか?

「そうです。あとは、提灯とか。昔の葬儀屋なんで、外周りの、式場の周りに張る白と黒の『鯨幕』とか全部自前で持っていたんですよ」

──ワタシのお葬式の記憶だと、母のとき30年前になりますが、灯篭とか祭壇の前にミニチュアの庭みたいにして水を流す「水車」とかありましたね。

「そうそう、そういうの。すごい道具の量だったんですよ。提灯もね、大きな家紋が入った、家ごとに違う家紋を一通り揃えていました。

 提灯だけでも、すごい量で。いまだと家紋はシールで張り替えるんですけど、昔はそういうのはなくて、家紋の提灯だけで、20も30もあったんです。ジイちゃんの家は二階建てやったんですけど、一階は倉庫にしていて、仕事の道具で一杯になっていましたね。
 それでね、昔の葬儀屋は何でも一つひとつ、筆で書くんですよ。『銘記』といって、通夜は何時、告別式は何時、と白木に墨で書く。そういうのも全部ジイちゃんがやっていました。

 達筆でしたよ。字の上手い下手で、お金がとれたり、とられへんかったりするんで、もう一字一字疎かにはできへんのです」

──文字のよしあしが大事?

「そうです。それで、式が終わったら使った白木を鉋で削るんです」

──再利用するんですか?

「そうです、そうです。これがまた手間で。いまやったら、カッティングシートで、ペタッと張り替えたらしまいなんですけど。ほかにも、ご自宅でお葬式をする際には、畳の上に『もめん(木綿)』いうてね、白い布を敷くんですよ」

──畳に白い布……?

「記憶ないですか? 畳の上に白い布をピンと張るんですけど。なんでそうするのか? それは畳を汚したり、傷めたりしないため。もうひとつには、畳のままだと(気が急いているとヘリに)足がひっかかってコケたりするんですよ。手間といえば手間なんですけどね。
 ご自宅で葬儀じたいが減ってからは、もめんを張る機会も少なくなりました。まれにご自宅でのお葬式となった場合も、ご説明して『どうしましょう?』とお尋ねしますが、『たいそうやし、そのぶん別料金になるんやったらエエわ』と言われますね。でも、昔の葬儀屋さんは、そういうふう施行の技術をいろいろもっていて、葬儀は高いと言われたりしますが、細かな手間賃
みたいなものも入ってのことだったんですよね。
 たとえば外の飾りで『しきび(しきみ、ともいう)』ってあったでしょう。式場の入り口まで、道の両側に一対ずつ並べて、故人の関係者の名前が書いてある(関西に見られる風習で、関東だと花輪にあたる)。あの札もね、全部筆で書いていましたから。それがふつうだったんです」


──記憶にあるお葬式というと実家が田舎だったせいか、近所の女の人の手伝いも含め、大勢の人手がかかわっていたという印象がありますが、葬儀屋さんも舞台裏でやることが多かったんですね。

「ぜんぶ外注ですけどね。花屋さん、献茶さん、道具を運んだりするアンコさん、一回の葬儀に10人くらいは来ていましたよね」

──それで話を戻しますと、お祖父さんは何歳くらいまで働いておられたんですか?

「うーん。70くらいやったと思うんですけどね。亡くなったのは76やったかな。辞める前まで、クルマ乗って仕事してましたからね」

──葬儀屋さんといえば、ワタシの子供の頃は、死にまつわる仕事だから避けるというか、忌避の目でみるところがありましたが、いま現場で働いているひとたちの意識はどうなんですか?

「うーん、ボクは公表していますから。タブーみたいな意識はないです。自分に合った、いい仕事だと思っています。ただ、そのあたりの話になると人それぞれで。隠しているのもいますよ、家の近所の人に仕事のことは。子供がいて、それも中学校くらいだと、隠すというよりも、わざわざ言わなくてもエエやろうという感じかな。
 ボクが葬儀屋を (就職した御遺体搬送会社から)独立してしようと思ったのは、下請けでやっていたときに、なんかおかしいんちゃうかと思うことが多かったからなんです。
 霊柩車の会社に勤めていたときに、町の葬儀屋さんの依頼で走っていくやないですか。そこの葬儀屋さんが、仏さんを物扱いするのを見るとね。お客さんの前では腰低く応対していたのが、姿が見えなくなったら、ガラッと口調も変えてくるんです。言うたら、おカネが出るところはちゃんとする。でも、ないところは手を抜くというのかなぁ。
 そういうのを目にすると、ちゃうんちゃうかって。お金のあるなしで態度や仕事の仕方を変えるのは。そう思っても、まだボクもサラリーマンやから、そういうところの仕事も行かないといけないやないですか。独立してやっていきたいと思ったのは、そういうこともあってなんですよ。

 独立してやるまでは、いい仕事というよりは、これは誰かがやらんといかん仕事というのはつよかったですよね」

──以前、ミズノさんの会社の若い社員さんに話を聞いたら、「タブー? 葬儀の仕事に対して特別な意識はないです」というのを聞いて、どちらかというと口調や物腰もさばさばとしていて、時代は変わってきたのかなぁと思ったんです。

「子供がおるかどうかにもよるンかもしれない。いまでこそ、(仕事にまつわる)偏見みたいなものは少なくなってきているものの、あえて言わなくともいいんやったら言わないでいいという感じじゃないかなぁ。というか、ふだん会社でそういう話はしたことがなんで、はっきりしたことは言えないんだけど、やっぱり子供があるなしで違うんやないかな」

──ワタシの子供時代は高度成長期の頃で、クラスに葬儀屋の子がいたけど、親の仕事を紹介するという小学校の授業のときに、もごもごして話したがらなかったのが印象に残っています。先生も気をつかったのか、すぐに次の子に話をふっていた。大人たちはというと、もっと露骨に会話の中で、あそこはどうだこうだと上下意識で低く見るところがあった記憶があり、嫌でしたね。

 それが、最近はネットでお葬式を斡旋する会社を見かけるようになり、スタッフはみんな若く、サイトのデザインなんかも洒落た不動産販売会社のものと似ていて、スーツ姿で顔写真を並べてある。そういうのを目にすると、葬儀に対するイメージも様変わりしつつあるのかなぁという思いがあるんですが。

「うーん、どう言ったらいいかなぁ……。そういう偏見みたいなものがまったくなくなったとは思わないけど、アサヤマさんが昔感じたようなことは、いまはかなり薄らいできているんやないかな。たとえば昔、パチンコ屋の従業員に対する偏見ってあったでしょう。だけど、いまは大手は新卒で大学出てないと採らへんかったりするからね。そんなんと一緒ちがうかな。でも、お陰でね、逆にいまはボクらはやりにくくなったところもあるんですよ」

──というと?

「この仕事は、ひとに見られる仕事なんですよね。日ごろから行儀よくおらんといかんから、シンドイんですよ。たとえば上着のボタンをはずして外を歩いてたり、明るめの服を着て歩いていたりするというのは出来ないんです。必ず何か言われますから」

──仕事が終わって寛ごうとしていても気は抜けないということ? 学校の先生とか警察官みたいな。

「そうです、そうです。ひとを見送る仕事ですからね。なんて言うのかなぁ、自分を律していないといけないというのはありますよ。
 そういう意味でのストレスといえば、パチンコにすら行かれヘンから。客さんと会ったりするでしょう。『ミズノさん、パチンコするや?』と言われますから(笑)。喫茶店に行っても『ミズノさん、喫茶店に行くんですねぇ』って」

──葬儀屋さんもコーヒーくらい飲むよね(笑)。

「だから、365日、行儀よくしてないといけない仕事なんですよ」

──それはミズノさんだけではなく、社員にもそういう意識は伝わっているの?

「ボクはこまかくは言わないですけど、そういうのは感じていると思いますよ。ボクらを見る世の中の目。ひどい言い方をすれば、『ひとの不幸で、メシ食っているんやろう』というのはあるでしょう。こないだもね、たこ焼き買いに行ったら『服、変わったんですか?』って。ちょうど事務所を移転する作業をしていて。ふだんは黒のスーツなんです。ホームセンターとかに買い物にいくのもスーツだったりするんですよ。だから作業着というのが珍しかったんでしょうけど。
 制服はもうひとつ別に、社内にいるときは社名の入ったジャンバーを着用しているんですが、そっちは式場の準備とかするときのもので。その日は、たまたま作業服だったので『いや、きょうは引越しの……』と説明をするんですけど、ほかの仕事やとイチイチそんなん聞いたりせんでしょう(笑)」

──そうか、ワタシなんかの職業だと、逆にネクタイを締めたりしたら「なんかあるの?」と聞かれるのにちかいんでしょうね。

「まあ、月に一件か二件でゴハン食べれている商売というふうに思われていますからね」

 気楽な稼業だと思われているのだろう、とミズノさんはククッと小さく笑う。どんな仕事もそうだろうけど、外から眺めているとちがう、聞いてみて知る奥行きがある。次回は従来の「密葬」を最近では「家族葬」、「直葬」を「火葬式」と言う変えるようになったコトバの変遷などを聞いてみることにする。


👇新スタート 巻末ふろくマンガ

f:id:waniwanio:20170724125114p:plain